ノンシリコンのシャンプーを選別!アミノ系シャンプーかつシリコン不使用シャンプーをご紹介します!

シリコン不使用のシャンプーに求められる条件とは?

シリコン入りのシャンプーで洗われ続けてきた髪は、ダメージを持ったままシリコンでコートされダメージを埋め込まれてしまっています。ノンシリコンシャンプーで洗い始めると、塗り重ねられたシリコンが少しずつはがされ素髪が現れます。素髪になって初めてダメージを修復できるようになるのです。素髪は想像以上にデリケート、刺激の強い成分で洗ってしまうとダメージがさらに拡大してしまいます。ですからノンシリコンシャンプーは、シリコンが入っていないだけではなくそのほかの合成刺激成分も無配合であることが大切です。代表的な合成刺激成分というと、石油系界面活性剤、パラベン、合成香料、合成着色料などが挙げられます。これらの成分が無配合であることがノンシリコンシャンプーとして最も重要な条件と言えます。
ノンシリコンシャンプー 口コミで花しゃんの最新情報をチェックする

シリコン不使用のシャンプーを選ぶ3つのポイント

天然由来アミノ酸系洗浄成分で刺激少なく洗えるかどうか

石油系界面活性剤や高級アルコール系洗浄成分は脱脂力が大変強いもの。シリコンでコートされていない状態になった素髪はとてもデリケートですから、脱脂力の強い洗浄成分で洗ってしまったら大変なダメージを受けてしまいます。低刺激で知られるアミノ酸系洗浄成分なら、スッピン状態の髪や地肌をやさしく包み込むように洗ってくれますから安心です。地肌と同じ弱酸性ですから、洗い上がりもぱさつかずコンディショナーなしでも潤う髪と地肌を実感できます。

自分の目標に合った生薬や有用成分が配合されているかどうか

余計な合成成分が配合されていないことが多いノンシリコンシャンプー。その代わりにそれぞれの目指すところに応じて様々な天然由来有用成分や生薬などが配合されています。保湿効果、殺菌効果、血行促進、抗炎症効果、育毛効果などなどその目的は実に様々です。配合されている成分も、海洋由来、植物由来、食物由来と、じつにバラエティに富んでいます。自分にとっての髪と地肌の理想型とはどんなものかを考えて、その目標にぴったりはまるノンシリコンシャンプーを選ぶと良いでしょう。

コンディショナーなしでも指通り滑らかかどうか

アミノ酸系洗浄成分の特長は、コンディショナーやリンスなしでも指通り滑らかに仕上がることです。100%アミノ酸系洗浄成分使用なら、必ずこの手触りが手に入ります。ノンシリコンシャンプーを謳っているもの中には、ほんの少しだけアミノ酸系洗浄成分を加え、ほとんどの成分が実は高級アルコール系洗浄剤というものもあります。このようなタイプのシャンプーでは、健康地肌やハリコシのある髪は実現できませんね。成分表示やウェブサイトを良くチェックして、安心安全なシャンプーを選びたいものです。

ノンシリコンシャンプー 口コミで花しゃんの最新情報をチェックする

シリコン不使用のシャンプーでおすすめはコレ!

3つのポイントを全てクリアできているのは、花しゃん。正真正銘の自然派シャンプーです。花しゃんはシリコンだけでなく、石油系界面活性剤、合成香料・着色料、リンス成分、パラベンを全て不使用、頭皮と髪に負担をかけずにどこまでもやさしく洗い上げたい、そんな思いをこの1本で実現しました。さらに活性ポリ乳酸<CPL>を配合することで、毛穴の皮脂詰りを分解洗浄。自然派でありながら確かに清浄して、健康地肌とハリコシのある豊かな髪を育てます。
ノンシリコンシャンプー 口コミの花しゃんの最新情報をチェックする